2015年 8月 の投稿一覧

女性フェロモンをまき散らすような動作を意識した生活

私の場合、どれだけ努力しても見た目や内面を色っぽくできないため、動作に色気を出すように努力してます。

そもそも色っぽさは、同性にも異性にも美しいと思わせるような外見を持っている女性にしかないと思ってます。完璧な色気を出すためには男女関係なく色っぽいと思わせるような自分を作り上げていかなければいけません。

それが無理だと思っている私は、動作や行動で色気を出すように心がけています。

内面からにじみ出る女性らしさやそこそこ濃いメイク、ウェーブのかかったロングヘアなど、色っぽさに通じる人間の要素はたくさんありますが、それを全て持ち合わせている女性はそうはいません。

私のように、ひとつに絞って色気を出せば、女性フェロモンもそれなりに出ます。

美容アイテムやファッションに気を使っていても、自分では完璧と言えるまで色っぽくなっているとは思っておらず、本気で女性フェロモンを出そうと思ったたら、才能や遺伝にも関係してくると思うのです。

私はもともと平凡な家庭に生まれた女で、努力を積まなければ色っぽさを手に入れられない一般の人間です。メイクやファッションだけでは納得のいく色っぽさを手に入れることもできません。

しかし、普段の細かい動作を色っぽくすることはできるのです。もともと色っぽい性質を持っていなくても、意識して行動していれば、女性フェロモンぷんぷんの女性になることができます。

何度も何度も癖がつくくらい人を魅了させるような動作を続けていれば、自然と色気のある女性が出来上がっていきます。私はそうして繰り返しの日々を過ごし、平凡な外見や内面を吹き飛ばすほどの色気を手に入れることに成功しました。

よく運動して汗を出すことにより女性ホルモンが増える

自分では意識していないのですが、男性から色気がある、フェロモンが出ていると言われたことがあります。

自慢しているつもりはまったくありません。誰しも少しの努力で女性ホルモンやフェロモンを出すことは可能だと思うからです。

まずはよく運動をする習慣を身につけることです。ガリガリに?せろというのではありませんが、普通体型ぐらいになることは必要でしょう。

なぜなら、動くのがおっくうなくらい、脂肪がついていては色気があるといえるでしょうか?

身のこなしが女性らしくなくては色気もフェロモンもあったものではありません。

またくびれというものがないと色気は出ません。胸とお尻の大きさに合わせてウエストがくびれていないとダメです。

たとえば細い体でもウエストがくびれていないとラインは棒状になります。

これは色気があるとはちょっといえないラインです。一方太めな肉付きでもウエストが少しくびれていればセクシーに見せることができます。

運動をして汗を出すことにより毛穴につまった老廃物もとれてきめが細かくなります。

見た目をある程度整えたら、あとは内面です。いくら見た目が良くてもガサツなふるまいでは色気もフェロモンも感じることはできません。

ここぞという時には静かに微笑むぐらいがいいです。男性はうるさすぎる女性はあまり好まないと思います。

まとめますと、運動をして汗をかき新陳代謝を良くすること、女性ホルモンを増やすには健康な体作りが必要不可欠であること、きれいな心でいるように心がけておっとりとしていること。

以上がフェロモンを出すために工夫していることです。